2018/03/15

一通りの加工ならコレ!オールインワン画像加工アプリ「Snapseed」

様々な画像加工アプリがありますが、「この機能はあるけど、あの機能がない」
「違うアプリでまたいで編集しちゃうとテイスト合わないんだよなぁ」「編集が本格的じゃない」
という経験はありませんか?
大体の無料画像加工アプリは、編集機能をフル装備していません。
そんな中登場したのがこの「Snapseed」。なんと、全ての加工がこのアプリ一つでできるんです。

オールインワンで編集できるというのは無料アプリではまずないと思います。
今回は「Snapseed」の特徴と機能の紹介をします。特徴的なのは洗練されたデザイン。「Snapseed」はクールなデザインの
アプリで、男女ともに指示があり人気を呼んでいます。気になるのは編集機能の詳細。
「Snapseed」には大きく分けて「ツール」と「フィルタ」の2つがあります。

「ツール」は全部で14種類あります。画像調整、切り抜き、変形、ブラシ、シミ除去、テキスト、
アンクロップ、ディテール、回転、ホワイトバランス、部分調整、周辺減光、カーブというラインナップです。

無料アプリなのにホワイトバランス、部分調整、周辺減光が入っているのはとてもレアだと思います。
そして「フィルタ」は全部で13種類あります。レンズぼかし、階調コントラスト、ドラマ、粒状フィルム、
レトロラックス、モノクロ、二重露出、グラマーグロー、HDR風、グランジ、ヴィンテージ、ノワール、フレームです。

個人的にオススメなのは「粒状フィルム」と「二重露出」です。「粒状フィルム」はあえてレトロな感じにしたい方や、iPhoneケースやアイコスケースなどにプリントをするための画像加工を目的にしている方にオススメで、
とっても味のあるテイストにすることができます。雑味な感じがいい味になります。「二重露出」は2枚の画像を
重ねて加工できる優れ機能です。淡い感じの写真にすることができるので、あえてロゴやメッセージを薄く表示することによってメッセージ性が強い画像にすることもできます。


以上が「Snapseed」の特徴と機能の紹介です。

最近はiPhoneケースやスマホケース、アイコスケースなどのオリジナルグッズを作ってくれるお店が増えたため、
個人単位で安く作成することができる様になりました。オールインワン機能があるこの「Snapseed」を使ってお気に入りの
画像を作成して自分だけのオリジナルグッズにしてみてもいいかもしれませんね。

Snapseed
Snapseed
Developer:
Price: Free
           
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。